分科会その後

 

「ADRやってる人って、自己主張強いですよね」

よく聞きます。群馬の研修会の道中でも、聞きました。

私は、こう答えます。

「自己主張しても、うまくやっていける方法、知ってるもん。」

 

振り返ってみれば、トレーニングを受けるまでは、自分の意見を言わないほうがいいと思っていたし、言っても無駄(どうせ通らないし、無駄にぶつかる必要もない)とも思っていました。

 

ADRのトレーニングを受けてから、自分の意見を伝えても、人とぶつからないことを体感しました。

①相手には相手の見方があること

②相手に理解されるためには、まず自分が相手を理解しなければいけないこと

③他人に理解されると、とてもよい感情が生まれること

も体感しました。

 

言っても無駄と思っていたときには、本当に楽しくない毎日だったのだけれど、ADRの考え方を学んでから、本当に楽しくて仕方がない!のです。

 

人間関係がストレスの原因という話もたくさん聞きます。

私がトレーニングを受けて体感したことを伝えることで、生きづらさがなくなる人がふえれば幸せだなと、今は思っています。

おかみ