概要

徹底的にロールプレイ研修会

日時:
2018/12/8(土)10:00~18:00
2018/12/9(日)10:00~17:00

場所:司法書士会館(東京都)

講師 :ADR委員

参加者:12名

トレーニング内容:

  • アイスブレイク
  • 目的意識の確認、全体シェア
  • 調停人ミニ講義
  • 観察者ミニ講義
  • ロールプレイ①投資金回収事件
  • ロールプレイ②初めての抜歯
  • ロールプレイ③建物修繕トラブル
  • 撮影ビデオを見ながらの振り返り、フィードバック

 

内容について

この研修は、主にADR研修の経験者に向けて、本番さながらの調停ロールプレイの機会をたっぷり提供するというコンセプトに開催しています。

ロールプレイは2日間にわたり計3回実施し、各セッションにおいて研修参加者がそれぞれ調停人、当事者の役を担い、全員が最低1回は調停人を経験できるよう配慮しています。

 

調停を学ぶには、調停をやってみるということだけでなく、調停後の振り返りがとても重要で、そこで話し合われる内容が参加者の気づきと成長に直結します。

そのため調停を行う各グループには、経験豊富な委員会メンバーが必ず2人づつ付き、フィードバックを行うことで、質の高い研修となるよう心掛けました。

また、今回からの新しい取り組みとして、ロールプレイをビデオ撮影し、振り返りの時に録画を活用しました。

参加者からも好評で、自分の調停を客観的に見ることにより、クセがわかった等の意見をいただきました。

普段できない体験を提供し、参加者のレベルアップにつなげることができたと思います。

 

受講者の声(アンケートより抜粋)

あなたにとって、特に役立ったことは?

・もっと興味が湧いたこと
・全く初心者なのですべてが刺激になりました。
・ビデオで自分の映像見てクセが分かった(斬新~!)
・納得できない意見を調停人としての立場でも受け止めるのは簡単ではない。
・調停人役をやれたこと
・自分自身のスキルの確認と新しい課題が発見できました。
・経験を積めた。

 

ご不満な点、改善すべき点(内容面・運営面どちらでも)

・今回は3回のロールプレイでしたが、4回5回できるならばしたいです。
・調停時間もっと長いバージョンのロールプレイもしてみたいです。
・色々と工夫をしていただいています。

 

今後、全青司の研修会でやって欲しい内容・もっと知りたいこと・興味を持ったこと等

・事件管理者の研修
・新しいもの、知識などが学べれば、また楽しみが出来ます。

 

以上